8aace95c0ede51cd55e57bf935394e37_m

家の中だけでなく、外でネットを使いたいときはありますよね。とくにノートパソコンやタブレットを持っていたら、ほとんどの方がそのように感じたことがあるでしょう。

実は外でインターネットをする方法って、今はかなり技術が発展しているのでたくさんあるんです。この記事ではその方法について詳しく解説していきます。

WiMAXを契約するなら安いプロバイダを選ばないと、5万円以上損する可能性があります。

プロバイダ選びに失敗したくない方は、下記の格安でWiMAXを契約する方法もあわせてご覧ください。

あわせて読みたい

外でのインターネット接続方法4つ

外でインターネットをする方法は以下の方法があります。

  • 公衆無線LAN
  • テザリング
  • SIM
  • WiMAX(モバイルルーター)

これらをひとつひとつ見ていきましょう。

公衆無線LANは料金は安いがエリアは狭い

無線LANサービスのロゴ

まず公衆無線LANですが、これはある特定の場所でサービスを利用してつなぐ方法です。

  • BBモバイルポイント
  • docomo Wi-Fi
  • ソフトバンクWi-Fiスポット

・・・など

これらのサービスを利用してつなぎます。

エリア

インターネットができるのは限られた場所だけです。どのサービスに加入しているかにもよりますが、特定の店や駅などの中だけに限られます。

また、有料サービスに加入しているか、無料サービスに加入しているかでも全然違います。

携帯のようにどこでも接続できるわけではありません。なので、よく通う店などで使うには便利ですが、そのような店がない限りは使いにくいです。

料金

料金はサービスによってマチマチです。たとえば、スターバックスやセブンイレブンでは無料でWi-Fiを使い、インターネットを利用できます。ほかにはサークルKサンクスだと、auキャリアで携帯を契約していない限りは無料で使えません。

もしauやドコモのWifiサービスに加入するなら、月額300円前後の料金は払うことになります。いずれにしても場所によって無料で使えるか、有料なのかが異なります。

速度

速度についてもまたサービスによって異なりますが、基本的には普通のインターネット閲覧、動画閲覧くらいでしたら、ストレスなくできる速度は出ます。数値でいうと数十Mbpsくらいは出ます。

なので、この点についてはあまり考えなくて大丈夫でしょう。

総評

公衆無線LANはとにかく場所が限られています。自分がよく通ったりする場所、よく使う駅があって、そこに無線LANがある。そのような場合でないと使いにくいです。

使いたいときに使うのは難しいでしょう。でも、逆に特定の場所でしか使う予定がない人は、これで済ませることができるので、おすすめです。

あと、サービスによって場所が変わったりするので、かなり複雑なのも面倒な点です。

公衆無線LANは「ちょっとだけ使う」程度の人でないとおすすめはしません。

人物アイコン

テザリングは便利だがスマホ制限に注意

テザリングに使うiphone

テザリングはスマホのテザリングオプションを使って、スマホの回線を使ってインターネットを行う方法です。

テザリングオプションは、キャリアで契約したときに(無料のため)勝手につけられていることが多いです。 「そんな契約した覚えがない」という方でも、もう一度契約を確認してみましょう。

エリア

エリアは自分の持っているスマホのキャリアによります。auやドコモ、ソフトバンク、それぞれ微妙に違います。

ですが、おおむね日本全国で使えると思っていいでしょう。山間部や地下深くといった特別な場所でない限りは、あまり心配する必要はないです。

料金

料金についてはプランやキャリアによって異なりますが、ほとんどの場合無料になっています。月額料金500円が設定されていたりもしますが、だいたいの場合は2年間無料です。

速度

速度はスマホの速度より若干落ちるくらいです。ノートパソコンやタブレットだと、同じサイトを表示しても、やや通信量が増えます。それゆえ、ほんの気持ち遅くなります。

ただ、体感的にはストレスを感じるほど遅くなることはありません。速度制限にかかりさえしなければ、速度については気にする必要ないでしょう。

総評

エリアから料金まで全体的に「問題はない」と言えますが、ひとつ大きな欠点があります。それはスマホの制限です。テザリングの通信もスマホのデータ通信量に入りますので、より速度制限にかかりやすくなります

ですので、あまり思う存分には使えないでしょう。とくに動画を見てしまうと、スマホの制限だと、すぐに速度が落ちます。

ガッツリ使うのでなく、ちょこっと使う程度で補助的に使用するならおすすめできます。それ以外の人にはおすすめできません。

人物アイコン

SIMカード(格安SIM)は安いが使いにくい

格安SIMカード

SIMカードは今流行りのMVNOと契約して通信を行う方法です。

MVNOとは携帯電話の回線を独自にもっておらず、他社から借りてサービスを提供している事業者のことです。ほとんどがau、ドコモの回線を借りて安くサービスを提供しています。

エリア

エリアはスマホと同じと考えて大丈夫です。SIMカードは大体ドコモかauの回線を借りて通信ができるようになってるので、au・ドコモの通信範囲で使えます。

山間部や地下深くでなければほとんど問題なく、日本全国で使えます。

料金

料金はプランやMVNO(業者)によって異なります。安いプランであれば500円でも契約できますが、大体通信容量が月1GBだったりします。

容量が大きいとその分料金も増えます。現在の相場ですと、10GBくらいで2,000円代で契約可能です。

速度

速度はMVNOによってかなり違います。いいMVNOだったらインターネットをサクサクできるレベルのものもありますが、遅いMVNOだとかなり遅く不満を覚えるものもあります

ですので、MVNOはしっかり吟味して選ぶ必要があります。

総評

全体的に「使いにくい」です。なんといっても契約が難しいです。かなりの知識がないと安く契約できても、速度が遅く、結局「契約しても意味がなかった」ということになります。

ほかにも制限の問題があります。たとえ10GBの制限で契約しても、1日500MBくらいの制限も別にあるので、ガッツリ通信するのはできません。よく動画を見たり、ダウンロードをよくする人にはおすすめできません。

あらかじめSIMに知識があって、かつインターネットをあまり使わない人にはおすすめできます。

人物アイコン

WiMAX(モバイルルーター)は料金はかかるが便利

WiMAXのW05端末

WiMAXはプロバイダと契約したモバイルルーターを持ち歩いて、インターネットを接続する方法です。

モバイルルーターは名前の通り無線LANルーター(Wi-Fi)を持ち歩けるもので、エリア内であればどこでも高い質の高速通信ができる優れものです。

エリア

エリアは日本全国です。携帯のように使えますが、大手キャリアよりは若干エリアが狭いという感じです。全国人口カバー率が90%以上を達成しているので、9割の人は気にしなくて大丈夫です。

持ち歩いても使えるので、特定の場所だけでなくかなり幅広く使えます。

料金

なんのキャンペーンもないところで契約すると、平均4,500円くらいかかります。

一番安いGMOとくとくBBというプロバイダで契約すると、キャッシュバックがあり実質月額約3,000円で契約できます。ほかには初期費用として3,000円がかかるくらいです。

速度

ほかの通信方法と比べるとダントツでかなり速いです。下り最大708Mbpsですので、高画質の動画から、WEBサイトの閲覧までサクサクできます

かなりハードに使う人でも十分に快適に通信できます。

総評

ほかの方法と比べると料金は高いですが、日本のいたるところで使うことができて、契約も非常にシンプルなので、かなり使いやすいです。

また、ほかの方法と違って制限もゆるく、月の制限がなく3日で10GB超えたら速度制限で、制限時間は翌日18時頃から翌々日2時頃までの約8時間だけです

ガッツリ使う人にとっては便利です。制限を気にするストレスがなくなるのは気持ちいいものですよ。

外でインターネットをするだけでなく、家や通勤中で使えるので、生活のあらゆるところで役に立ちます。

ただ、ほとんどネットをしない人にはおすすめしません。割にあいませんので。

人物アイコン

おすすめの接続方法はテザリングとWiMAX

まず外でインターネットを使う場合、公衆無線LANはおすすめしません。使う場所が決まっている場合は大丈夫ですが、かなり場所が限定されていておすすめできません。

ほかの方法では、インターネットをたくさん使うか、そうでないかでおすすめは変わります。

ちょっとだけの人はテザリング

まず、あまり頻繁には使わず、ちょこっと補う程度で使えればいい人はテザリングがいいです。

SIMは契約が難しいですし、制限もあり手続きもいろいろと複雑で、あまりおすすめできません。テザリングであれば、ただのスマホのオプションですので気軽に使えますし、エリアもかなり広いのでおすすめです。

SIMはいろいろと予備知識が必要です。今すごい流行っていますが、強い興味がない限りはおすすめしません!

人物アイコン

ガンガン使う人はWiMAX

インターネットをたくさん使う人にはWiMAXがおすすめです。まず制限がほとんどありませんので、ガンガン通信ができます。

速度は下り708Mbpsと光回線の相場速度1Gbpsに限りなく近づいていて速いです。しかも、一応エリアは決まっていますが、日本全国でちゃんと使えます。

家でも使えるので光回線の代わりになりつつ、カフェやファミレスでも使えて、といろいろ便利です。月額料金はかかりますが、十分それに値する価値はあります

サイト管理人の私も使っていて、満足しています。カフェだったり図書館だったりで快適な通信ができて、生活も変わりました! ですので、やはりおすすめできます。

人物アイコン

 

今だったらとくにWiMAXは競争が激しく、料金はどんどん値下げされています。今がチャンスです。安く契約したい場合は、ぜひ下記のWiMAXを格安で契約する方法のページもあわせてご覧ください。

あわせて読みたい