USB型orモバイル型どっち?WiMAXのURoad-StickとSpeed Wi-Fi NEXT W04を比較!

7f2168b3860512190adcdc085413ca89_m2

 

「WiMAXを使おうと考えているけど、端末の種類が多くて全然わからない!」

「どの端末がいいのかな?」

そんな悩みをお持ちではありませんか?

この記事ではそんなあなたのために、WiMAXのUSB型の端末とモバイル型のルーターを比較して説明したいと思います。

URoad-Stick VS Speed Wi-Fi NEXT W04  

 

まずUSB型の端末についてですが、現在はURoad-Stickという端末だけが購入できます。

Uroad-stick

モバイル型のルーターでは、さまざまな機種がありますが最新の機種のSpeed Wi-Fi NEXT W04が代表的です。

WiMAXの最新機種W04

ですので、これらのふたつを比較していきます。

比較は以下の点からおこないます。

  • 持ち歩き・持ち運び
  • バッテリー駆動時間
  • 端末の同時接続数
  • 通信速度
  • エリア

わかりやすいように「A」「B」「C」の3段階評価で行いました。それでは参りましょう。

※表記の注意:「Speed Wi-Fi NEXT W04=W04」「URoad-Stick=URoad」としています。

 

持ち歩き・持ち運び

 

評価

 

URoad = 「A
W04  = 「B

 

解説

 

URoadは通常のUSBとほぼ同じ重さ、大きさなので、持ち運びに苦労することはまずありえません。逆に持ち運び安すぎて、なくさないように注意が必要です。

一方、W04は重さ、大きさこそUSB型には及ばないものの、かなりコンパクトで持ち歩きには便利です。イメージ的には通常のスマホより少し小さく、軽い、といった感じです。

私はこのW04を使用していますが、ズボンのポケットに余裕で入ります。小さめのポケットでも大丈夫です。スマホと一緒にひとつのポケットにも余裕で入ります。

ですので、評価こそBにはしましたが、あくまで比較したうえでの評価です。実際の感覚としては、持ち運びは全然問題なく「A」とも言えるでしょう。

 

バッテリー駆動時間

 

評価

 

URoad = 「A
W04  = 「B

 

解説

 

URoadにバッテリーはありません。別に電源を用意する必要はないんです。ただ電源のついたパソコンのUSBの接続部分に差すだけで、起動でき通信ができます

ですので、バッテリーとか充電だとかそういうことは一切考える必要はありません。

W04はというと、バッテリー駆動時間はモードなどによって違います。以下のようになっています。

ハイスピードモードの場合

設定名 バッテリー使用時間
ハイパフォーマンスモード 約390分
ノーマルモード 約540分
バッテリーセーブモード 約630分

ハイスピードプラスエリアモードの場合

設定名 バッテリー使用時間
ハイパフォーマンスモード 約260分
ノーマルモード 約390分
バッテリーセーブモード 約550分

連続待ち受け

設定名 バッテリー使用時間
休止状態 約850時間
クイックアクセスモード設定時 38時間

ご覧いただいたとおり十分すぎるほどにバッテリー持ちがいいです。

なので、先ほどと同じで評価として「B」はつけましたが、あくまでもUSB型と比較したうえでの評価です。ふつうの人でしたら満足できますよ。

 

端末の同時接続数

 

評価

 

URoad = 「C
W04  = 「A

 

解説

 

URoadは端末を複数同時に接続することはできません。USBを差し込んだその端末だけでしか通信ができません

なので、家族でシェアはできないことになります。スマホも基本的にはつなげません。ほかの端末にないURoadの欠点ですので、かなり注意が必要です。

W04の場合は、10台もの端末を同時に接続することができます。なので、もちろん家族全員でも可能です。自分はタブレット、妻がノートパソコン、息子がスマホ、娘もスマホ、といった使い方もできますよ。

 

通信速度

 

評価

 

URoad = 「B
W04 = 「A

 

解説

 

URoadは下り最大で110Mbpsに対応しています。高画質の動画やネットサーフィンといった一般的な使い方だったら、問題なく快適にインターネット通信が可能です。

なので、USB型でも十分に速い通信と言えるのですが、W04の方はもっと速いです。下り最大440Mbpsでさらに高速な通信に対応しています。

というのも、W04では世界初の通信技術である「4×4 MIMO」という技術を使っています。この技術は4本のアンテナを使ってデータを同時に送受信するというもので、このおかげで高速通信が可能です。

 

エリア

 

評価

 

URoad = 「B
W04  = 「A

 

解説

 

URoadは最新のWiMAX2+の通信にしか対応していませんので、当然ながらWiMAX2+のエリア内でしか通信することができません。

といっても、WiMAX2+のエリアも全国各地の広範囲に広がっているので、それほど大差はないのですが。

W04についてはWiMAX2+に加えてWiMAX2+でないWiMAXの回線も使えます。この回線はWiMAX2+よりはややエリアが広いです。

そこまで大きな差があるわけではありませんが、やはり広ければ広いほど安心ですね。

 

まとめ

 

URoadにもW04にも長所と短所があります。どっちも優れているので、選ぶときは自分に合った方を選ぶのがいいでしょう。

ですが、「WiMAXのルーターの種類の違いを解説!」でも書きましたが、筆者の私は個人的にW04を強くおすすめします。私自身もこれを選びました。その理由は、やっぱり柔軟に使えて無難だからです。

URoadであると持ち歩きにはたしかに便利ですが、USBを差せる機械でしか使えないのは痛いです。スマホとか、一部のタブレットではつなげませんから、柔軟性に欠けています。

URoadはスマホやタブレットでつなげないのが本当に痛いです!

 

一方、WX02はWiMAXのスタンダード的な端末ということもあり、大きなデメリットはありません。もっとも使いやすい端末と言っていいでしょう。

実際WiMAXを契約する人の半数はこのW04で契約しているので、そこから考えてもすごく扱いやすい端末だとわかりますよね。

ですので、「絶対URoadが欲しい!」という強い意思がない限りは、W04を選んだ方がいいでしょう。その方が今後のインターネット通信をより快適にできますよ。

もし、まだプロバイダ選びが終わっていないようでしたら、安く契約できる方法の記事がありますので、そちらも合わせて見てみると良いかもしれません。損をしないやり方が分かりますよ。

WiMAXを安く契約する方法を知る