お得すぎる!格安SIMとWiMAXを併用するべき5つの理由!

6273888772c65739f8724a42b67ead58_m

 

今ではインターネット回線をさまざまな方法で運用する人が増えてきました。少し前まではインターネットといえば固定回線で、ほかには携帯の回線だけでした。

ですが、現在はモバイルルーターのWiMAXや、安く契約できる話題の格安SIMといった方法があります。

実はこれらの方法を併用するといいことがいっぱいあるんです。かなり気になっている方も多いのではないでしょうか?

ということで、この記事では格安SIMとWiMAXを併用するとなにがいいのか、その理由を説明していきます。

 

格安SIMとWiMAXの併用をおすすめする理由

 

格安SIMとWiMAXを併用するのをすすめる理由は5つあります。

  1. データ通信制限を気にせず使える
  2. 高速な通信で快適にインターネットが使える
  3. たくさんの種類の機器で使える
  4. デメリットはキャリアメールが使えないことだけ
  5. 1年間で40,000円以上も節約できる

 

理由1.データ通信制限を気にせず使える

 

まず、WiMAXはスマホをつなぐことができます。WiMAXにはギガ放題というプランがあるので、3日10GBのデータ通信制限こそあれ、ほとんど自由にインターネットを利用することができるんです。

ギガ放題とは、月間のデータ通信量に制限がない、使い放題に近いプランです。ただ、3日で10GB以上のデータ通信を行ってしまうと、速度制限がかかります。

ですので、ほぼ使い放題、という位置付けのプランです。

3日10GBといいますが、10GBがどれくらいかというと、以下の表を参考にしてみてください。

使用方法 時間・回数
You Tube 標準画質 約50時間
You Tube 高画質 約25時間
メール送受信 約20,000通
ウェブページ 約34,900ページ
LINEトーク 約500万回
LINE通話 約550時間
音楽のダウンロード 約2,500曲

これらくらいの通信を3日で使うと制限がかかります。

制限にかかったとしても、You Tubeの標準画質の動画が普通に見れる速度までしか落ちません。

しかも、制限はスマホのように長い期間ずっとかかるわけではありません。24時間後には制限は解除されます。

なので、たとえ制限はあっても、ほとんど気にせず使えます。

今までの月の制限におびえなくてすみます。感覚としては、外で固定回線を使っているような感じで使えるようになります。

※制限についての詳細はコチラで解説しています。興味があればあわせてご覧ください。

WiMAXの制限の真実!すべてを暴く!

 

理由2.高速な通信ができる

 

WiMAXを使用すれば下り最大440Mbpsの高速通信ができます。通常のスマホや格安SIMと比較すると、かなり速い通信ができるんです。

スマホの速度は、auを例としてあげると下り50Mbps〜100Mbpsあります。

格安SIMはMVNOにもよりますが、1Mbps〜30Mbpsあります。格安SIMはとくに夜間・昼間とほかの時間では速さが全然違うので、注意が必要です。

ファイルのダウンロードといった使い方をする人でも、かなり便利です。光回線とまでは言いませんが、かなり快適にできます。

しかも、これが外で使えるというのは優秀です。先ほども説明しましたが、まさに外で固定回線を使っているような感じでしょう。

ダウンロードについては、もっと詳しく知りたい場合はこちらの記事もあわせてご覧ください。

アプリや音楽、動画も楽しみたい!WiMAXはダウンロードが遅いのか?

 

理由3.たくさんの機器をつないで使える

 

WiMAXは複数の機器で利用することができます。下のような機器をつなげて通信ができ、同時での通信もできます。

タブレットで海外ドラマや映画を見ながら、スマホをいじることもできます。家族で子どもはオンライン通信のできるゲームをやって、自分はタブレットでネットサーフィンをする、なんてことも可能です。

もちろん外でも持ち歩いて使えますので、移動中はスマホで通信をして、カフェなどで少し休む時には画面の大きいタブレットを利用する。なんて使い方もできます。

キャリア契約のように一台のスマホに対して一回線ではないので、便利だということは言うまでもありません。

 

理由4.デメリットはキャリアメールが使えないことだけ!

 

これだけいい面ばかり見てると、「なにか大きなデメリットがあるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、たいしたことはありません。

唯一、スマホについてはキャリア契約をやめると、キャリアメールが使えないということくらいです。

もっとも大きな違いはキャリアメールアドレスと電話番号が持てないことです

キャリアメールとは、auやdocomo、softbankが提供するメールサービスのことです。 アドレスは以下のように終わるものです。

  • au ⇒ @ezweb.ne.jp 
  • softbank ⇒ @softbank.ne.jp
  • docomo ⇒ @docomo.ne.jp

これ以外の点に大きな違いはありません。キャリアメールが使えないといっても、Gmailやヤフーメールといった代わりの方法があるので、ほとんど普通のスマホと同じ使い方はできます。

格安SIMを使うので、電話もできますし、今までの電話番号を持ち続けることもできます。なので、特別大きな機能の違いはないんです。

この内容については、もっと詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

WiMAXで通話・電話できる?電話番号はどうなる?

 

理由5.1年間で40,000円以上も節約できる!

 

そして、格安SIMとWiMAXを併用するのをすすめる最大の理由は、節約できるからです。

キャリア契約と比べると、一見WiMAXと格安SIMのふたつの契約があるため、高いと思われがちですが、全然そんなことはありません。

通常のキャリア契約は月額8,000円ほどします。

しかし、このあと説明する契約方法で契約すれば、WiMAXはキャッシュバックなどのキャンペーンを含めると月額3,100円ほどです。

格安SIMはその名の通り安く、通話機能がついているものでも月額1,200円ほどで済ませられます。

つまり、WiMAXと格安SIMで合計約4,300円で済みます。キャリア契約より月に約3,700円安いです。これは一見たいしたことなく見えますが、1年にすると馬鹿にはできません。

1年だと約44,400円も節約できることになります

 

選ぶべきWiMAXのプロバイダと格安SIMのMVNO

 

ここまでで格安SIMとWiMAXの併用がいかにいいものかわかったかと思います。

ではより安くすませるには、格安SIMのMVNOやWiMAXのプロバイダはどうやって選べばいいのでしょうか? 詳しく解説していきましょう。

 

格安SIMのMVNOの選び方

 

まず格安SIMですが、機能の面でいうとどのMVNOを選んでも大丈夫です。

とくに、今回のケースでは通信はWiMAXでやるので、速度やつながりやすさはほとんど気にする必要はありません。格安SIMでは電話だけをするので、通話機能さえついているものでしたら、なんでも大丈夫です。

ただ、ほぼ同じ機能を持つMVNOでも値段だけはまったく違いますので、ここだけはしっかり考えた方がいいでしょう。料金は一覧にするとこんな感じです。

下の表は通話ができるプランで、かつ一番安いプランを載せています。

MVNO 月額料金
DMM mobile 1,140円
DTI SIM 1,200円
楽天モバイル 1,250円
b-mobile 1,300円
mineo 1,310円
BIGLOBE 1,400円
 hi-ho LTE typeD 1,470円
PLAY SIM 1,480円
U-mobile 1,580円
Nifmo 1,600円
 IIJmio  1,600円
 OCN  1,600円
 ぷららモバイル 1,600円
 UQ mobile 1,680円
 Y!mobile 1,980円

一番安いのは見ていただければわかると思いますが、DMM mobile です。月額1,140円で契約ができます。常に業界最安に価格を設定しているので、いつでももっとも安く契約できます。

もっと詳しく知りたい場合は、公式サイトをご覧ください。

DMMモバイルの公式サイトを見る

一番安く済ませたいなら、通話対応SIMプラン【ライト】を選びましょう!

 

WiMAXのプロバイダの選び方

 

WiMAXについても、ほとんど格安SIMと同じです。プロバイダごとに高速通信ができなかったり、制限がなかったり、といった機能性に違いはありません。なので、この点については考える必要はありません。

ただ、唯一違うのはお金です。

お金といっても、プロバイダごとに月額費用はそれほど変わりません。もっとも大きく違うのは「キャッシュバック」です。これは0円から数万円まで差があります。

ですので、キャッシュバックが最も高いプロバイダを選べば、最もお得に運用できます。なお、各プロバイダのキャッシュバックはこのようになっています。

プロバイダ名 キャッシュバック
GMOとくとくBB 32,000円
DTI WiMAX 29,000円
3WiMAX 28,000円
So-net WiMAX 20,000円
BIGLOBE 20,000円
UQ WiMAX 0円
PEPABO  0円
Broad WiMAX 0円 
DIS mobile WiMAX 0円

この通り一番キャッシュバックが高いプロバイダはGMOとくとくBBです。32,000円が現金で戻ってきます。

なお、GMOとくとくBBの月額料金は4,263円です。キャッシュバックを加味して実質費用でいうと、月額は3,047円で運用できることになります。

このプロバイダが最も安いので、損をしたくないという場合はこのプロバイダがいいでしょう。もっと詳しく知りたい場合は、公式サイトを合わせてご覧下さい。

なお、下記のリンクからでないとGMOとくとくBBのキャッシュバックは減額されます。そこは注意してください。

GMOとくとくBBの公式サイトを見る

 

まとめ

 

格安SIMとWiMAXを併用するのは、非常にメリットが大きいです。高速通信もできますし、制限もほとんど気にする必要はありません。それでいて、年間で40,000円以上も節約することができます。

なお、この運用方法をするなら、格安SIMはDMM mobile 、WiMAXはGMOとくとくBB を選ぶと、もっとも損をせず安く使うことができます。

もし、通信費を抑えたいなら、ぜひ参考にしてみてください。一応先ほどのDMM mobileとGMOとくとくBBの公式サイトのリンクを置いておきますので、興味があれば合わせてご覧ください。

なお、下記のリンクからでないとGMOとくとくBBのキャッシュバックは減額されます。そこは注意してください。

DMMモバイルの公式サイトを見る

GMOとくとくBBの公式サイトを見る