WiMAXのランニングコスト(維持費)が最安値のプロバイダは?

f94dc5742b7551a5ae23f7958ea7af85_m

 

WiMAXを契約したいけど、どうせならなるべく安く契約したい。ランニングコストを抑えて使いたい。

そんな方のために、この記事ではWiMAXのランニングコストについて詳しく解説していきます。

 

ランニングコストの種類は4つ

 

WiMAXを契約する上でかかる費用は、これらの4種類あります。

  • 端末代金
  • 事務手数料
  • 初期費用
  • 月額料金

そのうち、最初に払うのが「端末代金」「事務手数料」「初期費用」で、その後は月額料金だけ払うことになります。

ですので、ランニングコストは月額料金だけだと考えて良いでしょう。

これはどこのプロバイダでも同じです。料金体系はほとんど一緒です。最初少し多く払って、あとは基本料金を払いつづけるという感じです。携帯の契約と同じと考えればわかりやすいでしょう。

といっても、大体の場合、契約する際に払う費用はかなり抑えられています。端末代金なんかはほとんどのプロバイダで0円に設定されています。初期費用もキャンペーンでほとんど無料です。事務手数料の3000円のみのところが圧倒的多数です。

まとめると、結局払うお金は「事務手数料3000円」+「ランニングコスト(月額料金)」という感じです。

 

ランニングコストを抑える2つの方法

 

ここまでで費用の種類について説明してきましたが、次はこの費用をいかにして安くするかを説明したいと思います。方法は2つあります。

  • 若干初期費用が高いけど、月額料金が低いプロバイダと契約する
  • 初期費用はほとんど無料でキャッシュバックが高いけど、月額料金が普通のプロバイダと契約する

この2つです。1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

キャッシュバックがない、月額料金が安いプロバイダ

 

このパターンのプロバイダは数が少ないです。代表的なプロバイダはラクーポンWiMAXやPEPABO、BroadWiMAXです。

メリットはやはりランニングコストをしっかり抑えられることです。特に何もしないでも、月額料金を安く運用することができるのは嬉しいです。

しかし、デメリットもあって、このパターンはキャッシュバックなどの特典は基本的にありません。なので、2年間をトータルで考えた場合、実質的にランニングコストは高くつきます

毎月払う料金は断然こちらが安いのですが、最終的には高くつきます。これが一番のデメリットでしょう。

他に初期費用がかかる場合もあるので、これもデメリットでしょう。ほとんどの場合気にしなくて大丈夫ですが、一応注意が必要な点ではあります。

 

キャッシュバックが高い、月額料金が普通のプロバイダ

 

このパターンはほとんどのプロバイダで採用されています。代表的なプロバイダはGMOとくとくBB、So-net WiMAX、BIGLOBEなどです。

メリットはやはりキャッシュバックが高いことです。これのおかげで実質費用をかなり抑えることができます。先ほどのパターンのプロバイダよりは確実に安くなっています。

初期費用がほとんど無料なのもメリットです。3000円しかかかりません。

デメリットは月額料金が比較的高いことです。ランニングコストは高くなります。その他にはキャッシュバックを受け取るまでに時間差があることも少しデメリットといえるでしょう。大体10ヶ月前後でキャッシュバックがされるので、それまで待つ必要があります。

 

おすすめは・・・

 

いずれのパターンでも長所、短所があります。自分に合った方を選ぶのがいいでしょう。

一応おすすめを挙げるとすると、キャッシュバックが高い方がおすすめです。

やはりランニングコストは高いですが、その分最終的に一番損をおさえられるのはキャッシュバックが高い方なので、こっちがいいと思います。

 

プロバイダの正しい選び方

 

次は実際にもっと具体的にどのプロバイダを選べばいいか見ていきましょう。

ランニングコストを抑えるためには先ほど挙げた2パターンがありますので、それぞれ見ていきます。

 

キャッシュバックがない、月額料金が安いプロバイダ

 

まずはこちらの比較表をご覧ください。(月額料金はギガ放題のプランです)

 

  契約時の費用 月額料金 その他
ラクーポンWiMAX 3000円 3358円 割引チケット1000円分
PEPABO 3000円 3609円 レンタルサーバー無料特典
BroadWiMAX 3000円 3541円  

 

やはりいずれも月額料金は抑えられていますね。この中から好きなプロバイダを選ぶのがいいでしょう。

おすすめは一番安いラクーポンWiMAXです。やはり安いのを選ぶに越したことはありません。ラクーポンは楽天でもありますし、安心感もありますので、どうしても迷う場合はこれを選ぶといいでしょう。

 

キャッシュバックが高い、月額料金が普通のプロバイダ

 

こちらも比較表をご覧ください。

 

  契約時の費用 月額料金 キャッシュバック
GMOとくとくBB 3000円 4263円 37000円
So-net WiMAX 3000円 4180円 27000円
BIGLOBE 3000円 4380円 26000円

 

固定回線ですでにこれらのどこかのプロバイダを利用している人は、そこで契約するのがおすすめです。少し割引がありますから、ややお得になります。

そうでない限りは単純にGMOとくとくBBが良いでしょう。なんといってもキャッシュバックが高いです。あとは、先ほどの楽天とも一緒の話になりますが、GMOは大企業なので安心感もあります。

どこのプロバイダでも通信の機能などは全く変わりませんので、あえてキャッシュバックの低いところで契約する意味はありません。キャッシュバック以外の点では大きな違いがあるわけでもないので、見たまんま選ぶのが一番良いでしょう。

 

まとめ

 

ここまで2パターンのプロバイダを紹介しましたが、やはり最終的には自分にあった方を選ぶのが良いでしょう。

「キャッシュバックがない、月額料金が安いプロバイダ」「キャッシュバックが高い、月額料金が普通のプロバイダ」のどっちかです。

ランニングコストを最終的におさえたいなら前者、見た目のランニングコストをおさえたいなら後者です。

より簡単にまとめると、こんな感じになります。

実質費用を抑えたい→GMOとくとくBB

(実質費用は高いが)ランニングコストをおさえたい→ラクーポンWiMAX

もしプロバイダなど決めかねている場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。