本当に大丈夫?WiMAXのルーターは持ち運び、持ち歩きは問題ない?

持ち運びが簡単なアピールしてる男

「WiMAXは本当に持ち運びできるの? 持ち歩いても問題ない?」と思っていませんか?

そんな疑問はこの記事で解決してしまいましょう。

この記事ではWiMAXの持ち歩き・持ち運びにとくにフォーカスして説明していきます。

WiMAXは持ち運びは最強にしやすい!ふつうに持ち歩けるよ!

 

WiMAX(WiMAX2+)はルーターが3種類あります。ひとつひとつ解説しましょう。

 

USB型のURoad-Stick

 

そのうちのひとつはURoad-StickというUSB型ですので、かなり持ち運びがしやすいです。

Uroad-stick

速度は110Mbpsと遅いですが、持ち運びという点ではほかのどの端末も勝てませんね。

 

モバイル型のSpeed Wifi NEXT W04

 

そのほかにモバイルルーターはSpeed Wifi NEXT W04があります。W04は重さが約140gですので、本当に軽く持ち運びは簡単です。

WiMAXの最新機種W04

大きさはスマートフォンよりは少し小さいくらいをイメージしていただければわかりやすいです。

もっとも多くの人が申し込んでいる端末で、もっともおすすめできる端末です。

 

自宅用のSpeed Wi-Fi HOME L01

 

そして最後にホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME L01があります。

Speed Wi-Fi HOME L01の画像

これは持ち歩きは基本的にできません。ACアダプタ式でバッテリーがないので、電源が必ずなくてはなりません。

もし外に持って行く用途でWiMAXを使おうとしているなら、これを選んではいけません。

 

バッテリーも長いから持ち運びは楽だよ!

 

ここまでは単純に端末の大きさや重さから見てきましたが、WiMAXはバッテリーの持ちから考えても、持ち運びには適しています。

 

USB型のURoad-Stick

 

USB型のURoad-Stickにはバッテリーがそもそもありません。

パソコンにつなげば勝手に電源が入るので、バッテリー持ちについては一切考える必要がないです。

最高の持ち運びやすいですよ。

 

モバイル型のSpeed Wifi NEXT W04

 

W04はバッテリーがあり、使用時間は下のとおりです。

 

ハイスピードモードの場合

設定名 バッテリー使用時間
ハイパフォーマンスモード 約390分
ノーマルモード 約540分
バッテリーセーブモード 約630分

ハイスピードプラスエリアモードの場合

設定名 バッテリー使用時間
ハイパフォーマンスモード 約260分
ノーマルモード 約390分
バッテリーセーブモード 約550分

連続待ち受け

設定名 バッテリー使用時間
休止状態 約850時間
クイックアクセスモード設定時 38時間

だいたい一般的なスマホと同じくらいの感覚ということですね。過剰に心配する必要はないでしょう。

 

Speed Wi-Fi HOME L01

 

ホームルーターのHOME L01はバッテリーがありません。

電源アダプタをつけたときのみに電源をつけられます。なので、バッテリーの観点からも持ち運びには適していないですね。

 

持ち歩きながらも使えるよ!

 

さらに、WiMAXはSpeed Wifi NEXT W04であれば、ただ持ち運びに便利だけではありません。持ち運んで通信したり、歩きながら通信することができます。

なので、たとえばもしどこかで地図を使いたいときは、地図を見ながら歩けるわけです。これは結構便利です。旅行に行ったときにはかなり役に立つでしょう。

先ほども説明しましたが、端末が重くもないのでより快適に旅をすることができるでしょう。

ほかにもどこか移動中にLINEを確認したり、IP電話をしたり、動画を見たりすることだって、もちろんできます。

WiMAXさえ持っていれば生活の幅が圧倒的に広がりますよ。

参考:WiMAXは車や電車で移動中に使用できる?速度は?

 

まとめ

 

ということで、WiMAXが持ち歩き・持ち運びに便利かわかりましたか? 今ではこれだけ小さいのに機能性が高いものがあって、本当に驚くばかりですよね。

私も実際使っていますが、かなり満足しています。持ち運びについては気にしなくて大丈夫ですよ!

 

なお、WiMAXは今だけ3万円以上の超高額キャッシュバックがあり、激安で契約ができます。ふつうに契約したら安く契約はできません。その方法はこの記事で書いているので、興味があればあわせてご覧ください。

WiMAXを激安で契約する方法を知る