WiMAXの木造住宅、軽量鉄骨造や鉄筋コンクリートでの電波はどう?

9f4ff3e0bfc278dbbe6888453f7a4841_m

「WiMAXを使いたいけど、自分の家の構造でも電波が通るかな?」

と不安に思いますよね。

たしかに回線を契約するうえで、電波がつながらなかったら死活問題ですよね。不安に思ってしまうのは当然ですね。

この記事ではそんな不安を解消します。家の構造によって電波がどうなるかしっかり知って、不安を吹き飛ばしましょう。

分子の構造の違いによって電波が弱い!

 

まず結論から言ってしまいますと、建物の中は電波が少し弱くなります

 

家の構造によって電波の強さが違う

 

また、家の構造によって、その電波の弱まり方が異なります。

木造住宅は少し弱くなる程度で済みます。鉄骨構造、軽量鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造の場合はそれよりさらに電波が弱くなります。

理由は電波の障害となるものがあるからです。電波をさえぎるものがあれば、当然のことながら電波は届きにくくなりますよね。これはなんとなく感覚でわかると思います。

 

電波の強弱が発生してしまう理由

 

では木造と鉄筋コンクリートなど、構造によってなぜ違うのでしょう。これは電波を「遮るものが何か」がキーポイントです。

木造の場合は分子の構造を見ると、実はかなりすかすかなんです。それに比べて、鉄骨構造や鉄筋コンクリートは分子がぎっしり詰まっているんです。

イメージするとこんな感じです。手作り感があふれていると思いますが、大目に見てくださいね(笑)

 

177

178
このように木造はすかすかのため、電波は通りやすいんです。一方、鉄骨構造、鉄筋コンクリートは比較的通りにくくなっています。

いずれにしても、電波をさえぎるものがあればどうあがいても、多少電波が弱くなってしまうんです。

ちなみに、これはWiMAXに限らずどの電波でも同じです。

 

でもあんま重要じゃない?!

 

ここまで電波の通りにくさについて説明しましたが、補足しておくと、電波は完全に通らなくなるわけではありません。通常よりは弱くなりますが、しっかり通るんです。

また、電波の強さは家の構造だけで決まるわけではありません。電波を発する基地局からの距離も非常に重要です。むしろ、これの影響が一番大きいと言ってもいいでしょう。

なので、やっぱり重要なのはWiMAXのエリアの範囲内に入っているかどうかなんです。

エリアに入っていれば、電波がしっかり届いているということなので、少しの障害物じゃ問題になりません。

ですので、自分の地域がエリアに入っているかは、公式サイトでしっかり調べましょう。

 

実は対策もあります!!

 

もし最悪つながりにくくても、実は対策もあるんです。その対策とは「ルーターを窓際に置く」。ただこれだけです。

「それだけでなんで電波が通りやすくなるの?」と思われるかもしれませんが、よく思い出してください。先ほど電波の説明したときに、「電波は障害物によってさえぎられる」と書きましたよね。

ということはですよ。障害物がなければ電波が通るんです。通常部屋の中でしたら壁があるので、電波が遮られやすくなります。しかし、窓際はどうでしょう。窓しか障害物がありませんよね。

176

175

となると、やっぱり電波は通りやすくなるんです。なので、実はただ窓際に置くだけでも、十分に効果があるんです。最悪電波が届きにくい場合は、これをやってみることで改善することができるでしょう。

 

まとめ

 

WiMAXは(ほかの回線もですが)家の構造によって電波へ影響が出ます。木造だったら少しの影響で済みますし、鉄骨構造、鉄筋コンクリートだとより影響を受けることになります。

ただ、ちゃんとエリア内で使うなら、完全に電波がなくなるということはあまりありません

窓がないコンクリートの家だったり、壁が異常にぶ厚いといった、極端な家でなければ、そこまで気にする必要はないでしょう。

最悪は電波をよくする対策もあるわけですし、心配しすぎなくても大丈夫です!

 

どうしても気になるなら使わないのが一番・・・

WiMAXは人口カバー率が全国で90%を越えるくらいエリアは広いです。でも、やはり先ほどのように電波の影響はでるときがあります。

ですので、あまりにも通信の安定性が気になるならWiMAXを使わない方がいいでしょう。

 

とにかくWiMAXは多くの人が契約している

 

ちなみに、多くの人は、今はあまり通信の安定さを重視していません。その証拠として、WiMAXでかなりの人数が契約しています。

実際2016年度は第1〜3四半期で合計64,736,500もの契約がされました。

モバイルルーターはほとんどの人がWiMAXを選んでいるんですよね。

 

多くの人が契約しているのはほかの手段がないから

 

なぜこんなに多くの人が安定性にやや問題があるのに契約しているのでしょう。あなたも考えてみてください。

この原因はおそらく「ほかに手段がないから」です。ほかのモバイルルーターを考えてみると、候補はワイモバイルのポケットWi-Fiしかありません。

ただこの端末はあまり評判がよくないんです。「評判が悪い!ワイモバイル・Pocket wifiの重大な4つの欠陥を暴露!」でも解説していますが、やはり欠陥があります。

  • 契約年数の縛りが3年
  • 料金がWiMAXの1.5倍以上
  • 端末のスペックが微妙

このようにあまりいいサービスとは言えないんです。やっぱり他社と比較してもWiMAXが勝っているんですよね。

だから多くの人が結局はWiMAXを使っているんです。

 

結局は自分次第!

 

結局なにがいいたいのかというと、自分にあった方を選ぶのがいいですよ。

先ほどあげたデメリットが大丈夫だったら、ワイモバイルの端末でもいいでしょう。でも多くの人は安全にWiMAXを選んだ方が無難ですよ。

なお、WiMAXは今だけ3万円以上の超高額キャッシュバックがあり、激安で契約ができます。ふつうに契約したら安く契約はできません。その方法はこの記事で書いているので、興味があればあわせてご覧ください。

WiMAXを安く契約する方法を知る