スマートフォンのパケ代はWiMAXで節約可能?得か実例を紹介!

6bdc8c16cc0c7aaf644326213bc816c2_m

 

スマートフォンのパケ代(通信費)は本当に高額ですよね。いくら割引があってもかなり高いですよね。これをどうにかして減らせないかとは誰もが考えることです。

実はWiMAXを使うことによって、その高額な通信費を安く済ませられるんです。知ってましたか?

この記事ではWiMAXでの節約について実例をあげながら詳しく説明していきましょう。

 

大幅に節約ができるが・・・

 

まず改めて言いますと、WiMAXを契約してスマホのパケ代を節約することは可能です。ただ、運用の仕方をしっかり知っていなくてはなりません。

その運用の仕方とは、大きくわけてふたつのパターンがあります。

  • 完全にWiMAXのみ
  • WiMAXと格安SIMを併用

それをひとつひとつ紹介します。

 

完全にWiMAXのみのパターン

 

ひとつ目は、auやドコモ、ソフトバンクといったスマホを完全に解約して、WiMAXだけで運用する方法です。この方法は特徴は以下のとおりです。

 

2年間で116,400円お得になる

 

 この方法ではかなり大幅に節約ができます。だいたいスマホのキャリア契約は月額8,000円前後です。一方、WiMAXは2年縛りで月4,300円くらいでおさまります。

これに加え、たとえばGMOとくとくBBというプロバイダで契約すると、3万円前後のキャッシュバックがされます。

ですので、2年に分割すると、だいたい月に約1,250円割引することができます。

となると、実質月額3,150円ほどで運用できることになります。つまり、スマホと比べると月額4,850円ほどお得です。

2年間では116,400円お得していることになります

GMOとくとくBBの詳細を見る

 

キャリアメールと電話は使えません!

 

機能でいうと、WiMAXのみにした場合、いままで契約していたキャリアメールが使えなくなります

キャリアメールとは、auやdocomo、softbankが提供するメールサービスのことです。 アドレスは以下のように終わるものです。

  • au ⇒ @ezweb.ne.jp 
  • softbank ⇒ @softbank.ne.jp
  • docomo ⇒ @docomo.ne.jp

ただ、メールについては代替手段がかなりたくさんあります。LINEやSkypeでやりとりすることもできます。もし、メールにこだわるなら、無料で使える「Gmail」や「Yahooメール」もあります。

なので、人によっては全然気にしなくていい人もいるでしょう。

ほかには、WiMAXのみにすると電話番号がなくなります。電話が使えなくなります

ですが、これも代替手段はあります。電話番号なしでいいならLINEでは通話がしっかりできます。電話番号を持ちたいなら「050 plus」や「Skype」を使うことで電話の代わりに十分なります。

もっと詳しく知りたい場合はこちらの記事も合わせてご覧ください。

WiMAXで通話・電話できる?電話番号はどうなる?

 

安さを求めている人には最適のパターン

 

この方法はかなり大幅に節約できますので、とにかく安さを求めている人には最適でしょう。

ただ、キャリアメールやもともとの電話番号が使えなくなるので、仕事などで頻繁に電話をしたりする人には向いていません。

逆にキャリアメールや電話をほとんど使わないという人なら、ほとんどデメリットはないとも言えます。

2年間では116,400円も安くできるので、しっかり検討しましょう!

 

WiMAXと格安SIMの併用パターン

 

ふたつ目は、少し厄介になりますが、キャリア契約は完全にやめて、WiMAXと格安SIMを使って運用する方法です。

 

2年間で89,040円お得になる

 

この運用方法でも大幅な節約ができます。先ほどのWiMAXのパターンに加えて、余分に格安SIM分の料金が増えるだけです。

で、格安SIMは通話もできるタイプを選ぶため、たとえばDMM mobileだと月1,140円で契約できます。

ほかのSIMの料金はこのとおりです。

MVNO 月額料金
DMM mobile 1,140円
DTI SIM 1,200円
楽天モバイル 1,250円
b-mobile 1,300円
mineo 1,310円
BIGLOBE 1,400円
 hi-ho LTE typeD  1,470円
PLAY SIM  1,480円
U-mobile  1,580円
Nifmo 1,600円
 IIJmio   1,600円
 OCN   1,600円
 ぷららモバイル  1,600円
 UQ mobile  1,680円
 Y!mobile 1,980円

なので、実質月額にするとスマホを約4,290円で運用することになります。つまり、通常のスマホより約3,710円お得になります。

2年間だと89,040円お得ということです

 

機能はキャリアでの契約とほとんど同じ

 

機能についてはほとんどキャリアでの契約と同じと考えていいでしょう。

大きく違うのは、キャリアメールだけです。これは使えなくなります。ですが、今はあまり使っている人もそんなにいないので、人によってはどうでもいいでしょうね。

電話については、格安SIMでは電話番号を引き続き使用できるので、キャリア契約とほとんど変わらずふつうに使えます。

また、蛇足ですが、SIMを使えばWiMAXなしでも通信もできるので、いざというときには便利です。ただ安いものだと、速度は遅いのであまり過度な期待はしてはいけませんよ。

 

ほぼ同じ機能で節約できるので万人におすすめ!

 

このWiMAXと格安SIMの併用は、仕事などで今までの電話番号が必要な人でも安心して使えます。

キャリアメールが絶対必要という人以外なら、誰にでも扱いやすい運用方法です。

安さはWiMAXのみのパターンより劣りますが、それでも十分に安く使い勝手がいいです。

ちなみに、私はこのパターンで運用しています。一緒に情強になりませんか?

 

まとめ

 

スマートフォンのパケ代(通信費)は、WiMAXを導入するだけで簡単に節約することができます。どの運用の仕方でも2年間で10万円近くは節約できるので、本当に便利です。

しかも、WiMAXを使うことのメリットは節約だけではありません。通信速度も速くなります。さらに、スマホではイライラのもとになる制限もかなりゆるゆるになっています。

3日で10GB使わなければあとは月ごとの制限はないので、動画からインターネットまで使いまくれます。イライラが圧倒的に減るでしょう。

タブレットやパソコンなどほかの端末もつなげるので、そこもありがたいところです。

もしWiMAXに興味があれば、安く契約する方法の記事もあるので、ぜひあわせてご覧ください。

WiMAXを安く契約する方法を知る