安く始めよう!WiMAXの初期費用なし(無料)のプロバイダー・プランは?

a3e165ceeb1dc55efe12b4c35717113f_m

 

WiMAXを使いたい。でも、契約するならなるべく安く済ませたいし、初期費用もできれば無料のほうが良い。当然そう思いますよね。

この記事ではその初期費用をいかにして安くするかについて詳しく見ていきます。

 

初期費用の種類と価格

 

基本的にWiMAXを始めるためには、どこのプロバイダで契約しても必ず初期費用がかかります。今まで数多くのキャンペーンがなされましたが、完全に無料になったことはなかったでしょう。何かしらは大体いつでもかかります。

そして、かかる初期費用は主に3種類あります。

  • 端末代金・送料
  • 事務手数料(申し込み手数料)
  • 初期費用(という名称の費用)

これら一つ一つについて詳しく見ていきます。

 

端末代金・送料

 

まず、端末代金・送料については、ほとんどのプロバイダで無料になっています。キャンペーンにもよりますが、ほとんどいつ申し込んでも無料と考えて良いでしょう。

ただ、唯一WiMAXの本家のUQ WiMAXだけは端末料金がかかります。モバイルルーターのSpeed Wi-Fi NEXT WX01が800円、Speed Wi-Fi NEXT W01が1円、URoad-Home2+が2800円します。

 

初期費用(という名称の費用)

 

この「初期費用」についても、ほとんどのプロバイダではかかりません。だいたい無料です。

しかし、Broad WiMAXや3WiMAXというプロバイダではこの「初期費用」が存在します。時期によっては無料のときもありますが、18857円ほどかかります。

 

事務手数料(申し込み手数料)

 

で、最後に事務手数料(申し込み手数料)ですが、これについてはどこのプロバイダでも必ずかかります。料金はそれほど高くはありませんが。3000円です。

大体公式サイトに小さくかかれているので、契約する際には忘れないようにした方が良いでしょう。

 

 まとめ

 

まとめるとこんな感じです。

  費用があるプロバイダ 費用
端末代金・送料 UQ WiMAXのみ 1円〜2800円
初期費用 BroadWiMAXのみ 18857円
事務手数料 全部のプロバイダ 3000円

※時期やキャンペーンによって多少異なります。

 

完全無料のプロバイダ・プランは?

 

ここまででお分かりになったと思いますが、完全に初期費用が無料で契約できるプロバイダはありません

今後出てくるかもしれませんが、今まで業界を見てきた私からすると、その可能性は低いと言えます。安くなったとしても、最低3000円はかかると思ったほうがいいです。

で、結局初期費用をなるべく抑えたいならどうすればいいかといいますと、ずばり「GMOとくとくBB」と契約するのが良いでしょう。

このプロバイダではどの端末を選んでも、絶対余計に費用がかかることがありません。端末無料、送料無料。もちろん、BroadWiMAXのような「初期費用」もありません。

初期費用は業界で最安で、完全に事務手数料の3000円のみです。

3000円だけ払えば、端末が家に届きそのまま基本の月額料金だけで使用開始です

そのあとは月額料金を払い使い続けるだけです。余計な費用はかかりません。

むしろ、その後はお金がもらえます。業界で最高のキャッシュバックがついているので、37000円が現金で戻ってきます。

 

ですので、初期費用をおさえて契約したいなら、GMOとくとくBBが最適と言っていいでしょう。もし気になるようであれば、この記事と合わせて公式サイトも見ておくと良いですよ。

なお、キャッシュバックは下のリンクからでないと減額されてしまいますので、ご注意ください。また、この高額キャッシュバックはすぐに終わってしまう可能性もありますので、なるべく早い決断をした方が良いでしょう。

GMOとくとくBBの公式サイトを見る