WiMAXのホームルーターとモバイルルーターを比較!違いは何?

cca4aded831c10ea411318b3972144b8_m2

 

「WiMAXを契約したいけどルーターはどうすればいいのかな?」

「ホームルーターかモバイルルーターどっちにすればいいの?」

とお悩みの方いらっしゃると思います。

そんな方のために、この記事ではホームルーターとモバイルルーターのふたつを比較して説明していきます。

Speed Wi-Fi HOME L01 VS Speed Wi-fi NEXT W04

 

まず、ホームルーターとモバイルルーターを比較するうえで、細かく端末の種類をしぼって比較していきます。

今契約するなら一番選ぶことの多い、Speed Wi-Fi HOME L01(ホーム)とSpeed Wi-fi NEXT W04(モバイル)で比較していきましょう。

Speed Wi-Fi HOME L01の画像

「Speed Wi-Fi HOME L01」

WiMAXの最新機種W04

 

「Speed Wi-fi NEXT W04」

 

比較する観点は4つです。とくに違いの大きい以下の点を比較しましょう。

  • 安定性
  • 持ち運び・持ち歩き
  • 通信速度
  • 料金

評価はわかりやすいように「A」「B」「C」の3段階で評価していきます。では参りましょう。

※便宜上ルーターの表記は次のようにします。「Speed Wi-Fi HOME L01=HOME」「Speed Wi-fi NEXT W04=W04」

 

安定性

 

評価

 

HOME = 「A
W04  = 「B

※エリア内であることが条件です。

 

解説

 

HOMEは安定性がかなり高いです。それもそのはず「WiMAXハイパワー」という機能がついているんです。この機能によって送信、受信能力が強くなって、安定性が実現しています。

それだけでなく、2x2MIMOという技術も使われていて、複数のアンテナで通信が行われているので通信がしやすくなっています。

また、周波数についても工夫がなされていて、5GHz帯域が使えるようになっているんです。この周波数は電子レンジなどの機器の電波に干渉されにくいので、より安定感が高まります。

さらに、見た目こそ大きくなってしまいますが、外付けのアンテナがついているので、より電波を拾いやすくなっています。これだけ様々な工夫がなされているんです。

一方、W04の方はというとURoadよりは若干安定さは落ちます。ですが、WiMAXハイパワー、5GHz対応、4×4MIMO、がしっかりなされているので、使うにはほとんど問題はないでしょう。

違いはアンテナがあるかないかだけですので、URoadとそこまで引けをとらない安定性はあります

 

持ち運び・持ち歩き

 

評価

 

URoad = 「C
W04  = 「A

 

解説

 

URoadは持ち運び用にはつくられていませんので、基本的には持ち歩きできません。サイズが大きくてバッグなどには入りにくい上、重さも約493gあり結構重量感もあります。

なによりも電源がアダプタ式なので、外に持って行って使うことはできません

ただ、無理に持って行こうと思えば持っていけなくはないです。ふつうやらないですが(笑)

しっかり電源コンセントがある場所で、大きいものでも持って行くのが嫌でなければ、できます。

なんども言いますが、普通はやりませんよ(笑)

 

一方、W04はモバイルルーターというだけあって、持ち運びは簡単。重さは約140gなので軽いですし、サイズもかなりコンパクトです。イメージ的にはよくあるスマホを少し軽くして、ひとまわり小さくしたくらいな感じです。

持ち歩きで不満を持つ人はまずいないでしょう。

 

通信速度

 

評価

 

URoad = 「A
W04 = 「A

 

解説

 

URoadは下り最大110Mbpsとなっています。これは理論値なので、実際使うとここまでのスピードは出ませんが、これでも十分に速いです。動画やネットサーフィンには10Mbpsの速さがあれば十分ですから、普通に使う人にだったらまずストレスは感じないでしょう。

特にURoadは先ほども説明しましたが、安定性が高いので、より高速で快適にネットを楽しむことができます。

WX01については、モバイル端末でありながらも、なんとURoadより速い下り最大220Mbpsに対応しています。これも理論値なので、実際ここまで出ませんが十分すぎる速さです。

しっかり速度が出る場所で使えば、外で固定回線を使っているように使えるでしょう。かなり快適に使えます。

といっても、実際ネット関係の仕事をしていなかったり、動きの大きいゲームをやらない限りは、こんな速度はいらないんですけどね。速度が十分すぎて、ほとんどの人には差がないのと一緒でしょう。

 

料金

 

評価

 

URoad = 「B
W04 = 「A

 

解説

 

基本的に一部例外を除いてほとんどのプロバイダでは、URoad、WX01のどちらも端末は無料です。余計に料金がかかることはあまりありません。

ただ、URoadの場合は料金こそ払うことにはならないものの、大体キャッシュバックからその分の金額が引かれていたりします

例えば業界最安のGMOとくとくBBであれば、WX01の端末のときキャッシュバックは37000円です。これがURoadに端末が変わると27150円になります。実質9850円かかっていることになります。

ですので、実質的にはURoadの方が高いということになります。

厳密に言えばプロバイダごとによって違うので、契約時にはよくキャッシュバックまで細かく見るようにしましょう。

 

まとめ

 

ここまであらゆる観点からホームルーターとモバイルルーターを比較してきましたが、違いがわかりましたでしょうか。どっちにするかが決まりましたか。

これは好みや環境によってどっちかが変わるので、自分に合った方を選ぶのがいいと思います。

ですが、もしどうしても迷っていて決められないようでしたら、モバイルルーターのSpeed Wi-fi NEXT WX01をおすすめします

というのも、まず機能的にはそこまで大差なく、URoadでできることはほとんどWX01でできるからです。それでいてモバイルルーターの場合は外に持っていくこともできるので、使いやすいです。

料金も実質的には安い場合が多いので、こっちの方があらゆる人にとってメリットが大きいです。

なので、どうしても「家だけで使うんだ!」という強い意思がない限りは、モバイルルーターのWX01を選んだ方が失敗しなくて済みますよ。

 

ルーターが何か決まりましたら、次はプロバイダを決めると良いですよ。安く契約する方法を説明している記事がありますので、興味があれば合わせてそちらも見ておくと役に立ちますよ。

WiMAXを安く契約するプロバイダを知る