WiMAXの料金は高い?安い?他社や固定回線と最安値で比較してみた!

WiMAXを使いたい。でも料金は高いのかな。他社のものを使った方が良いのかな。と疑問に思っているあなた。

私が疑問を解消しますよ。

この記事ではWiMAXの料金が他社と比較するとどうなのか解説していきます。

 

WiMAXの中での最安値はどれだ!

 

まず比較する前に、WiMAXのプロバイダ(販売代理店)の中ではどこが一番安く契約できるのか見ていきます。

WiMAXは基本的には、

  • 初期費用として「事務手数料」
  • 維持費として「月額料金」
  • キャンペーンで「キャッシュバックもしくは割引」

これらが費用にかかわります。

一部例外はありますが、端末代はほとんどのプロバイダで無料で、これらしか費用に関わるものはありません。また、事務手数料は3000円でほぼ一律で、月額料金も安いタイプはありますがおおむね4300円前後になっています。

ですので、どれが安いか判断する際は、単純に月額料金とキャッシュバックを加味した実質の月額を見ると良いでしょう。

で、どのプロバイダが安いかですが、これについては説明するよりも、実際に料金の表を見てもらった方が分かりやすいかもしれません。こちらです。ご覧ください。

※全部ギガ放題のプランの料金です。

プロバイダ名 実質月額 キャンペーン内容
GMOとくとくBB 2489円  キャッシュバック37000円、到着月無料、最初の2ヶ月3609円
BIGLOBE 3231円  キャッシュバック26000円、最初2ヶ月3595円
DTI WiMAX 3012円  キャッシュバック28500円、最初3ヶ月3500円
So-net 2880円   キャッシュバック27000円、利用開始月0円
UQ WiMAX 4169円  商品券3000円、最初3ヶ月3696円
PEPABO WiMAX 3609円  キャッシュバックなし
Broad WiMAX 3455円 初期費用18857円無料、最初3ヶ月2856円

※実質月額とは月額料金からキャンペーン内容を加味して計算した料金のことです。なお、月の1日に契約した料金です。

キャンペーンなどいろいろあるので、一概に「これが一番だ!」とは言い切れませんが、この表を見る限りは実質月額で見るとGMOとくとくBBが安いと分かります。

この料金だけ見ても十分安いということは分かると思いますが、ちゃんと他のものと比較してどうなのかも考えてみましょう。

GMOとくとくBBの公式サイトを見る

 

WiMAXの最安値と他社や固定回線と比較

 

まず回線の種類にどんなものがあるかざっとあげてみます。

固定回線

  • J:COM(CATV)
  • 光回線(光ファイバー)
  • ADSL

モバイル回線

  • WiMAX
  • ワイモバイル(旧イーモバイル)
  • SIM

こんな感じでインターネットを使える回線はいろいろあります。

今回比較していくのはこの中でも「J:COM」「光回線」「WiMAX」「ワイモバイル(旧イーモバイル)」です。

SIMはあまりガッツリとした通信向きできないので除外します。ADSLについては、もう申し込みできないプロバイダもあるくらい人気がなくなってきているので、今回は比較対象にはしません。

また、比較するプランについては、できる限り「無制限に近いプラン」を選び、モバイルルーターについては端末を一番人気のあるものとします。

そして、WiMAX以外の回線については、予め最安値のプロバイダを調べておきましたので、それをもとに比較していきたいと思います。

では前置きが長くなりましたが、この条件で比較した表がこちらです。

  J:COM・CATV

光回線

(auひかり:NNコミュニケーションズ)

WiMAX

(GMOとくとくBB)

ワイモバイル
実質月額(2年) 6250円 5312円 2489円 4505円
月額料金 6000円 5000円 4263円 5380円

キャッシュバック

割引

商品券3000円分 キャッシュバック33000円

キャッシュバック37000円

到着月の月額無料

最初の2ヶ月月額3609円

月額1000円割引
その他

工事費6000円

契約手数料3000円

初期費用37500円

登録料3000円

事務手数料3000円 契約手数料3000円

※実質月額とは、2年間にかかる費用の総額を1ヶ月ごとに割って算出した料金です。

見ていただければ一目瞭然ですが、WiMAXがダントツで安いですね。月額料金の行を見てみると、一見WiMAXは安くないように見えますが、実はちゃんと計算してみると最もお得なんです。

なぜかというと、やっぱりキャンペーンが良くて余計な費用がかからないからです。他の回線は代理店の競争がほとんどなくて、キャンペーンが情けないくらい貧弱になっています。

しかも、固定回線であれば工事費用などで初期費用がかさむんです。なので、どうしても全体として費用はおさえられません。

WiMAXはというと、販売代理店(プロバイダ)がたくさんあり競争が激しいので、とにかくキャンペーンやキャッシュバックがすごいです。しかも、工事費なんかもありませんし、キャッシュバックは無条件で「現金」ですから、そこも嬉しいところだと思います。

というより、キャッシュバック込みでなくても、元の月額料金で比較しても他の回線の実質月額よりは安いです。

 

まとめ:WiMAXがダントツの最安値

 

WiMAXの最安値はGMOとくとくBBというプロバイダです。そのプロバイダで他の「J:COM」「光回線」「ワイモバイル」のそれぞれの最安値と比べると、WiMAXが一番です。

なので、WiMAXは十分安いと言えます。ダントツで安いです。

 

ちなみに、WiMAXは安いだけではありません。機能的にも固定回線とあまり引けをとらなくなっていて、速度も十分ですし、制限もかなりゆるいですし、設定も簡単になっています。

使い始めるまでの手間もなく、すぐ端末も届くので、気軽に始めるられるのも良い点です。

ただ、唯一欠点をあげるとしたら「エリア」です。WiMAXは(他の回線もそうですが)エリアに入っていないと通信はできません。

なので、契約を考えているなら、あらかじめ必ず公式サイトにてエリアマップを見ておきましょう。それで自分の使う予定の場所がエリア内なのかを確認しておきましょう。

それさえ大丈夫だったら、あとは安心です。

WiMAXで生活を快適に過ごせるようになります。カフェに持っていて、コーヒーを飲みながらタブレットで動画を見るのも良し。家で寝っ転がりながらWEBサイト見るのも良し。旅行先でガッツリ調べ物をするのも良しです。

WiMAXさえあれば、ちょっとしたことに対してもストレスがなくなり、楽しくすごせます。それでいて、この記事でもさんざん々説明しました通り「料金が安い」ので、生活に取り入れる価値は十分にあるでしょう。

もし興味があれば、最安値のプロバイダであるGMOとくとくBBの公式サイトも見てみると良いですよ。なお、キャッシュバックについては、下のリンクをクリックして公式サイトに行って契約しないと減額されます。損をしたくないなら注意してくださいね。

GMOとくとくBBの公式サイトを見る