配線なしでインターネット!配線工事がないネット接続方法を紹介!

1187c1f060f4be9b13995b319449fe15_m2

 

インターネットをしたいけど、配線とか難しいことはよくわからない。面倒なことはしたくない。

そう思っていませんか。確かに配線て面倒ですよね。間違えれば何もできませんしね。

でも今は便利になっています。そんな面倒は必要ありません。この記事で配線なしでインターネットをする方法を紹介しましょう。

 

配線工事は必要なく使う方法のいろいろ

 

配線工事をしないでインターネットを使う方法は意外とあります。4つ紹介しましょう。

 

公衆無線LAN

 

まず1つ目はずるい方法ではありますが、公衆無線LANを使うという方法です。スタバなどのカフェ、空港や駅などの無線LANサービスを利用してつなぐことになります。

完全に無料でできるところもありますので、インターネットを使いたいときだけ、そこに行って利用する。こんな使い方もできるでしょう。

ただ、お気づきだとは思いますが、配線がなし、配線工事がなしだと言っても、かなり面倒な方法です。サービスを行っている場所を探すのも大変ですし、行くのも大変です。あまりおすすめはできません。

補助的に使うくらいしか役目はないでしょう。

 

テザリング

 

これは便利なスマホの機能で多くの人が使っている方法です。スマホを回線代わりにしてインターネットを使うことができます。スマホさえあれば、もちろん配線なんかいりません。

速度もそれなりに出ますし、よっぽど重い通信でない限りは快適に使えるでしょう。補助的に使う位だったらかなり便利で、役に立ってくれます。

ただ、欠点があります。制限です。スマホには月に7GBの制限があると思います。これはテザリングを使ってるときの通信容量も加味されます。

なので、使えば使うほど速度制限にはかかりやすくなります。思う存分に使うことができないのは覚悟しておきましょう

 

SIM

 

次は今流行りのSIMです。これはSIMカードを買ってMVNOと契約し、そのカードをルーターやスマホに差して使うという方法です。格安SIMと言われているくらいですから、安くは運用できます。

例えばDMM mobileであったら10GBの大容量でも、2000円台で使うことができます。

ただ、このSIMは相当のクセモノです。というのも、契約からプラン選択、使い方までいろいろと知識が必要になります。

特にプラン選択についてはなかなか自分にあったものを見つけるのには苦労します。全部の会社を合わせるとプラン数は軽く100はいくでしょう。この中から選ぶのは至難の技です。

また、パソコンをインターネットにつなぎたい場合は、SIMカードを買うだけではだいたいの場合通信はできません。専用のSIMをさせるルーターが必要となります。

さらに、制限もガチガチです。一応月に10GBや無制限といったプランもあることにはあります。ただ、1日に500MB、3日で1GBなどの制限も別にあります。

速度制限後も速度はかなり遅く、ほとんど使い物にならなくなります。

なので、すでに知識がある人以外にはおすすめできません。

 

WiMAX

 

最後にWiMAXですが、これも今流行っていますね。方法としては、WiMAXの端末を使って無線でパソコンやタブレットなどにつなぐ、という感じです。

この方法の良さは、先ほどまであげた方法の欠点が補われていることです。

まず、持ち歩けて、いろいろなところで使うことができます。全国人口カバー率が90%を達成していますので、日本では様々な場所に持って行って使うことができます。

次にSIMやテザリングの弱点であった制限ですが、ほとんど無制限に近い感じで使えます。一応3日3GBの制限はありますが、月7GBや3日で1GBなどと比べると格段にゆるいです。

しかも、速度制限にかかっても普通のインターネットはできます。動画も標準画質のものでしたら見れます。

次はプランですが、すごいシンプルです。基本的には「月7GB制限」か「ギガ放題(3日3GB)」だけしかありません。このどちらかを選ぶだけです。誰でも簡単に始められます。

なので、ほとんど固定回線のような感じで使えます。それでいて、もちろんですが工事は必要ないですし、配線も必要ありません。

※制限についてはこちらでも解説しています。もし詳しく知りたければ合わせてご覧ください。

WiMAXの制限を徹底的に細かく解説!意外なことが・・・

 

まとめ:配線なしで使いやすいのはWiMAX

 

基本的に配線なし、工事なしで使う方法は「公衆無線LAN」「テザリング」「SIM」「WiMAX」の4つの方法に限られます。この中から自分にあった方法を選ぶことになります。

ただ、ここまで見ていただいてわかったかと思いますが、「公衆無線LAN」「テザリング」「SIM」は固定回線とは機能がほど遠い回線です。欠点を熟知した上で使うなら大丈夫ですが、ほとんど補助的にしか使えないと思ったほうがいいでしょう。

唯一WiMAXは固定回線に近い感覚で使えます。ただ、先ほども説明しましたが、ほとんど無制限には使えますが3日で3GBの制限はあるので、そこだけは注意しましょう。

そこだけをクリアすれば、他の方法と比べて大きなデメリットもありません。配線なし、工事なしでインターネットをしっかり使いたいなら、最有力候補にしていいでしょう。

しかも今なら安く契約することも可能です。その方法に興味があればぜひこちらも合わせてご覧ください。

WiMAXを安く契約する方法を知る